U20日本代表が参加している「ワールドラグビーU20トロフィー」が南米のウルグアイできょう開幕する。この大会は20歳以下代表の8チームが出場し、優勝チームのみが来季の「ワールドラグビーU20チャンピオンシップ」へ昇格する。

 大会フォーマットは、「プール戦&順位決定戦」方式。まず4チームずつ2つのプールに分かれ、各プール1回戦総当たり(各チーム3試合)をおこなう。次に、両プール1位同士が優勝決定戦を実施し、昇格チームを決定する(各同順位同士の順位決定戦もおこなわれる)。

 日本は昨年大会で、U20の最上位国12チームが集まるU20チャンピオンシップで最下位となり、U20トロフィーに自動降格した。今大会は「優勝、再昇格」を果たすための参戦となる。

 今年からヘッドコーチを務める遠藤哲氏はどんな相手にも「日本選手の身体能力が、対戦国に比べ劣っている」という前提で大会に臨むつもりはない。ポジションの低さなど、身体能力の「質」の部分では戦えると考え、それを生かした戦いを仕掛けていく。前回大会まで6年にわたって、U20のアシスタントコーチを務めてきた経験値に、期待が寄せられている。

<ワールドラグビーU20トロフィー2017 プール組分け>

【プールA】 日本、ナミビア、カナダ、チリ
【プールB】 フィジー、ポルトガル、ウルグアイ、香港

<大会スケジュール>

■第1日:8月29日(火)
▽プールA
14:00 日本 vs チリ

■第2日:9月2日(土)
▽プールA
14:00 日本 vs カナダ

■第3日:9月6日(水)
▽プールA
17:30 日本 vs ナミビア

■最終日:9月10日(日)
▽順位決定戦
10:00 プールA 4位 vs プールB 4位
12:00 プールA 3位 vs プールB 3位
14:00 プールA 2位 vs プールB 2位
16:00 プールA 1位 vs プールB 1位

※ キックオフ時間は現地時間(日本時間マイナス12時間)
※ 会場は第3日がプンタデルエステ・Stadium Domingo Burgueno。他はモンテビデオ・Charrua Stadium

◆大会詳細は、ワールドラグビーの公式サイトへ

◆U20日本代表 選手名鑑
 ※ 画像をクリックすると大きく表示されます。