今永が今季8勝目を挙げた(C)Getty Images  カブスの今永昇太が現地時間7月10日(日本時間11日)、敵地でのオリオールズ戦に先発登板。6回100球を投げて6安打無失点6奪三振という内容で今季8勝目を挙げた…

 

今永が今季8勝目を挙げた(C)Getty Images

 

 カブスの今永昇太が現地時間7月10日(日本時間11日)、敵地でのオリオールズ戦に先発登板。6回100球を投げて6安打無失点6奪三振という内容で今季8勝目を挙げた。チームは4-0で勝利した。

【動画】前半戦最終登板で好投!今永昇太が6回をシャットアウト

 

今永は初回、四球と安打で出塁を許したが無失点で立ち上がると、2回も先頭のオースティン・ヘイズに二塁打を浴びたが後続を断ち、得点を許さなかった。3回も二死から安打を許すも続く打者を打ち取って3アウト。4回は三者凡退で抑えた。

 味方打線が2点を先制してくれたあと、5回は鈴木誠也が二死三塁から左翼へ適時打を放って追加点。今永にとって大きな援護点で3-0となった。今永は5回、6回も安打を許しながら無得点に抑えた。現地メディア『Cubs Zone』はXで「ショウタ・イマナガ 6回シャットアウト」と称え、映像を添えて投稿している。

 ア・リーグ東地区首位に立っているオリオールズ打線を相手に今季11度目となるQS(クオリティ・スタート)を達成した今永は、防御率がこれで「2.97」となり、再び2点台となった。

 左腕は球宴前の前半戦最終登板となる試合で無失点投球を披露。メジャー移籍1年目で輝きを放っている男は、後半戦もこの勢いで勝ちまくる。

 

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

 

「なんという快挙」今永昇太が球宴初選出を知った瞬間、チームメイトも拍手喝采! 「選ばれたからにはしっかり胸を張って」

「日本では普通なのか?」今永昇太が球審に見せる“珍しくない所作”に脚光 米司会から問われた「礼」を重んじるワケ

「彼はとても謙虚だ」今永昇太の“野球への姿勢”をチームメイトも認める「カブスを代表して球宴に出場してくれたら光栄」