オーストリア戦で負傷交代したフランス代表FWキリアン・ムバッペは、鼻骨を骨折した模様だ。 フランスは17日、ユーロ2024グループD第1節でオーストリアと対戦し、ムバッペが演出したオウンゴールを守り抜いて1-0の勝利を収めた。 試合内容…

オーストリア戦で負傷交代したフランス代表FWキリアン・ムバッペは、鼻骨を骨折した模様だ。

フランスは17日、ユーロ2024グループD第1節でオーストリアと対戦し、ムバッペが演出したオウンゴールを守り抜いて1-0の勝利を収めた。

試合内容には課題を残したものの、優勝を狙う今大会を白星でスタートさせたレ・ブルーだったが、同試合でエースの負傷という懸念材料が生まれた。

後半終盤のセットプレーの場面でヘディングシュートを放った際、相手DFケビン・ダンソの肩と顔面が接触したムバッペは鼻から激しく流血。メディカルスタッフによる応急処置を経て一度はピッチに戻ったが、最終的にFWオリヴィエ・ジルーとの交代でピッチを後にした。

出血の勢いを鑑みると、鼻骨骨折も懸念された中、ディディエ・デシャン監督は試合後に『beIN Sports』のフラッシュインタビューで「ムバッペはどうやら鼻を折ったようだ。ただ、様子を見よう。明らかに我々にとって非常に厄介な問題だ」と、その可能性が高いことを認めた。

ムバッペのケガの詳細は今後の検査次第となるが、仮に次節以降もプレーが可能だとしてもフェイスガードの着用を余儀なくされるはずだ。