ユーロ2024グループD第1節のオーストリア代表vsフランス代表が17日に行われ、フランスが0-1で勝利した。 “プロフェッサー”の愛称を持つラルフ・ラングニック監督の下、前回大会のベスト16超えを目指すオーストリア。優勝候補筆頭の難敵と…

ユーロ2024グループD第1節のオーストリア代表vsフランス代表が17日に行われ、フランスが0-1で勝利した。

“プロフェッサー”の愛称を持つラルフ・ラングニック監督の下、前回大会のベスト16超えを目指すオーストリア。優勝候補筆頭の難敵との対戦となったグループステージ初戦では[4-2-3-1]の布陣を採用し、ダンソ、ザビッツァー、ライマー、バウムガルトナー、グレゴリッチュら主力をスタメンで起用した。

一方、ユーロ2000以来の欧州制覇を狙うフランスは、重要な初戦で曲者との対戦となった。ディディエ・デシャン監督はこの一戦に向けて[4-2-3-1]を採用。コナテやチュアメニに代えてサリバ、カンテを起用したものの、グリーズマンやラビオ、ムバッペ、デンベレらお馴染みの主力をスタメンに並べた。

オーストリアがハイライン・ハイプレスのアグレッシブな入りを見せ、機先を制することに成功。しかし、フランスも得意のトランジション、個でのプレス回避を活かした縦に速い攻めですぐさま応戦。

8分にはテオ・エルナンデスの仕掛けで局面を打開し、ラビオとのパス交換で左サイドを突破したムバッペに決定機。だが、ニア下を狙った右足シュートはGKペンツの好守に遭う。

ファーストチャンスをモノにできなかったフランスだが、以降はテオとムバッペが並ぶ場面が多い左サイドの仕掛け、セカンドボールを制してのショートカウンターの形から幾つか良い場面を作り出していく。

前半半ばを過ぎると、オーストリアが押し返して試合は膠着状態に。守備での粘りが光る一方、攻撃はなかなかフィニッシュまで持ち込めないラングニックのチームだったが、36分にビッグチャンス。左サイドに流れたグレゴリッチュのクロスを中央のザビッツァーがワンタッチでゴール前のスペースに落とすと、抜け出したバウムガルトナーがGKメニャンと一対一になるが、チップキックはメニャンの好守に阻まれた。

一方、守護神のビッグプレーで失点を回避したフランスは直後にエースが決定的な仕事を果たす。38分、相手陣内右サイド深くでDF2枚を相手に仕掛けたムバッペがボックス内のゴールライン際でクロスを供給。これがDFウーバーのヘディングでのクリアミスを誘発し、オウンゴールでの先制に成功した。

1点リードで試合を折り返したフランスは後半も主導権を握ると、立ち上がりに再びエースにビッグチャンスが舞い込む。55分、ラビオがハイラインの背後を狙って入れた縦パスに快足を飛ばして抜け出したムバッペがDF2枚を完全に振り切ってGKと一対一に。だが、肝心のシュートが枠の右へ外れてしまい、痛恨の決定機逸となった。

何とか2失点目を免れて勝ち点の可能性を残したオーストリアは60分付近に3枚替えを敢行。ウーバー、グリリッチュ、グレゴリッチュを下げてトラウナー、ヴィマー、アルナウトビッチを投入。より攻撃的な布陣で同点ゴールを目指す。

一連の交代もあって徐々に試合がオープンになり始めると、フランスがカウンターからテオの際どい高速クロス、クンデとテュラムの連続シュートでゴールに迫る。さらに、71分にはラビオとデンベレを下げてカマヴィンガ、コロ・ムアニの投入で中盤にテコ入れを図った。

その後、1点差のまま試合は後半終盤に突入。虎視眈々とチャンスを狙うオーストリアは相手の背後を取ってバウムガルトナー、ヴィマーと決定機を作り出すが、GKメニャンのファインセーブ、カンテの見事なカバーリングに阻まれる。対するフランスは競り合いで鼻から流血したムバッペがプレー続行不可能となり、グリーズマンと共にベンチへ下がると、同国のユーロ最年長出場となるジルーとフォファナの投入でクローズに入った。

結局、このまま逃げ切ったフランスが内容面では課題を残しながらも優勝を目指す大会で白星発進となった。

なお、連勝を狙うフランスは21日に同じく初戦を制したオランダと対戦し、オーストリアは同日にポーランドと初勝利を懸けて対峙する。

オーストリア代表 0-1 フランス代表

【オーストリア】

【フランス】

オウンゴール(前38)