アフマダリエフ(右)との防衛戦を命じられた井上(左)。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext  ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大…

 

アフマダリエフ(右)との防衛戦を命じられた井上(左)。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の次戦が急転直下で動き出した。現地時間6月13日、WBAは、指名挑戦権を持つムロジョン・アフマダリエフと「9月25日までに試合を行うことを命じた」と正式に発表した。

【画像】鮮烈KOで防衛成功!”悪童”ネリを打ち砕いた井上尚弥の圧巻ファイトを厳選写真でプレーバック

 

 まさに電撃的な動きだ。

 昨年12月にマーロン・タパレス(フィリピン)を撃破し、スーパーバンタム級4団体統一を果たした井上は、今年5月6日にWBC同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)をKOで撃破。その試合直後には現IBF&WBO1位のサム・グッドマン(豪州)をリングに上げ、「次戦は9月ごろ、隣にいるグッドマン選手と防衛戦をしたい」と宣言していた。

 しかし、今年3月に試合を行っていたグッドマン陣営がコンディション調整と自国興行を優先。対戦には合意しつつも、試合開催時期を12月へ延ばすことを希望した。これにより交渉は難航し、9月は関係を深めていた元IBF世界同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(アイルランド)との対戦が有力視されていた。

 だが、今回の発表により、全てが変わる可能性が浮上したと言っていい。「すでに両陣営に公式な文書を送った」としたWBAは、交渉期限を7月14日までとし、合意に達しなければ入札に。仮に9月25日までにアフマダリエフとの防衛戦を行わなかった場合には、井上からベルトをはく奪する可能性も示唆した。

 アフマダリエフにとっては願っていない好機と言える。昨年4月にタパレスとの防衛戦に敗れ、王座から陥落していた29歳は、昨年12月に行われたWBA世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦で、ケビン・ゴンザレス(メキシコ)を8回TKOで撃破。試合後のリングでは「俺の目標は(ベルトを)奪い返すことだ」と叫び、ふたたびタイトル戦線に絡む動きを見せていた。

 もっとも、井上陣営はかねてから「一度(4団体統一王者に)なったので」(大橋秀行会長)と肩書きに固執しないことを強調。「待たされる気持ちもわかる」と王座返上の可能性を示唆することもあった。それだけに急遽命じられたWBAの意向に沿うかは興味深いところだ。

 果たして、ドヘニー戦を既定路線としていたモンスターは、ウズベキスタンの刺客をどう迎え撃つのか。まずは約30日間のリミットでの両陣営による交渉の行方に注目だ。

 

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

 

【関連記事】「ネリ戦で無敵じゃないと分かった」井上尚弥の“転級”にフェザー級の無敗戦士も歓迎 “打倒・怪物”に自信「俺は倒す」

【関連記事】井上尚弥に見せた“礼節” 挑戦状を叩きつけたフェザー級戦士キャリントンがKO後にお辞儀「彼は俺を生で見に来たんだ」

【関連記事】「まさに悪夢だった」失望の井上尚弥戦から復活へ! タパレスが衝撃の131秒KOで再起「イノウエ戦から立ち直った」