今永とスキーンズは、いずれも好投を続けている(C)Getty Images  話題のルーキーによる争いに注目が集まっている。 米メディア『Saturday Down South』が、今季のMLBで存在感を放つパイレーツ…

 

今永とスキーンズは、いずれも好投を続けている(C)Getty Images

 

 話題のルーキーによる争いに注目が集まっている。

 米メディア『Saturday Down South』が、今季のMLBで存在感を放つパイレーツのポール・スキーンズ、さらにカブスの今永昇太の2人をナ・リーグ新人王の有力候補に挙げている。

【動画】日本では「珍しくない」? 今永昇太の球審への礼節シーン

 

 米大学スポーツの情報を扱う同メディアは、現地時間6月11日公式サイト上において、LSU(ルイジアナ州立大学)からパイレーツ入りし、ここまで3勝をマークするスキーンズに対し、「ポール・スキーンズはメジャー昇格まで努力を続け、現在は注目すべきインパクトを残している」と評価。その上で、「2024年のMLBドラフトで全体1位指名を受けた元LSUの“火炎放射器”は、現在NL新人王を獲得する人気ベッターとなっている」として、米国内各種ベットサイトでの人気の高さを指摘している。

 また、「スキーンズはこれまで5回先発しており、これまで27イニングを投げ、21安打、4本塁打、9自責点を許している(6月11日時点)」などと成績を振り返り、「この数字で、スキーンズはNL新人王レースに名乗りを上げた」と綴っている。

 スキーンズは5月に入りメジャー初昇格を果たしており、5度目の登板となった6月5日のドジャース戦では大谷翔平との初対戦も話題を呼んだ。このドジャース戦で3つ目の白星を手にするなど、マウンド毎にポテンシャルを発揮している。

 そして一方で、トピックでは今永への評価について、「イマナガは30歳で、MLBの新人ながら日本最高レベルの日本プロ野球リーグで8シーズンのプロ経験を持っている」と日本での実績に言及。その上で、「カブスでは、69イニングを投げ、6勝1敗、防御率1.96、WHIP1.03を記録している。彼は7本塁打を含む60安打で21失点 (自責点15) を許している」とここまでのスタッツを並べた。

 今後、両者のシーズンを通しての活躍を見据え、同メディアは「(新人王を決める)投票者が、プロとしてより本格的な新人であるスキーンズに対して、イマナガの成績とプロ経験の組み合わせをどう評価するかは興味深いところだ」と論じている。

 スキーンズ、今永ともにシーズン序盤で存分に実力を示してきたことは言うまでもない。長いシーズンの戦いの中、今後もファンの関心を惹きつける活躍を期待したい。

 

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

 

【関連記事】「イマナガがいなかったらどうなっていた?」米メディアが今永昇太を”大黒柱”に認定!チームに奮起を促す指摘も「プレーオフに残りたいなら」

【関連記事】「速く投げる必要はない」今永昇太の直球に隠された“マジック”とは? 「もっと多くの球団が気づくべきだった」

【関連記事】日本で痛打されたのになぜ? 今永昇太の“高めの直球”がMLBで異彩を放つ理由 背景にあったバウアーの「逆説」