広陵-花咲徳栄  広陵を破り初優勝を決め喜ぶ花咲徳栄ナイン=甲子園【写真提供:共同通信社】

 

 

 

第99回全国高等学校野球選手権最終日。決勝戦はどちらも初優勝を目指す花咲徳栄(埼玉)と広陵(広島)との対戦。

最初に試合の流れをつかんだのは花咲徳栄。1回表、花咲徳栄は1番太刀岡 蓮(3年)の中前安打、2番千丸 剛(3年)のライトへの二塁打でチャンスを作ると、無死二・三塁から3番西川 愛也(3年)のセカンドへの内野安打の間に、走者2人が還って、2点を先制する。

追う広陵は2回裏、二死二塁から、9番平元 銀次郎(3年)の右翼線を破る適時二塁打で1点を返すも、続くチャンスを生かせない。

一方、花咲徳栄は3回。二死二・三塁から、5番須永 光(3年)の中前適時打で、4対1。広陵もその裏、5番大橋 昇輝(3年)がセンターへの適時二塁打を放ち、2点差に迫る。

しかし、ここから、花咲徳栄打線が爆発。5回には、3番西川、4番野村 佑希(2年)の連続適時打で3点を追加。広陵の先発・平元はここで降板し、2番手・山本 雅也(3年)が登板するも、勢いに乗った花咲徳栄打線を止められない。この回、花咲徳栄は打者一巡の5安打6得点をあげ、10対2と大きく突き放す。

広陵も意地をみせ、5回裏には無死一塁から、2番吉岡 広貴(2年)の左中間を破る適時二塁打で1点を返すも、ここで先発の網脇 慧(3年)から代わった清水 達也(3年)が好投し、流れを渡さない。

6回には、花咲徳栄は3番西川、4番野村の連続長打に、相手エラーも絡めてこの回4得点あげ、14対3。その裏、広陵は9番山本のタイムリーで1点を返すが、反撃もここまで。

9回裏、花咲徳栄の清水は、大会通算6本塁打の3番中村 奨成(3年)に二塁打を浴びるが、後続を抑え、花咲徳栄が14対4で、悲願の甲子園初優勝を遂げた。埼玉県勢としても初の夏の頂点を勝ち取った。