中京大中京が2大学へ計6名を輩出

­愛知・中京大中京が2大学へ、計6名を輩出。同校で主将だった法政・小林(3年)は2年春に外野手のベストナインを獲得。同じく高校時代は主将を務め、最終学年となった清水は副主将を任されるなど、グラウンド外の信頼も厚い。

2014年、日本文理をベスト4に導いた捕手が躍動

横浜DeNA・飯塚とバッテリーを組み、プロスカウトも絶賛するリードで日本文理を夏の甲子園ベスト4に導いた法政・鎌倉が今季、正捕手の座を獲得。

【東京六大学野球に在籍する2017年夏の甲子園出場校OB一覧】

<新潟>日本文理
早稲田・小太刀緒飛(3年=外野手)
高校3年夏、新潟決勝でサヨナラ3ラン。
法政・鎌倉航(3年=捕手)
中学校からバッテリーを組む飯塚(横浜DeNA)を好リードし、夏の甲子園ベスト4進出に貢献。

<長野>松商学園
在籍無し

<富山>高岡商
在籍無し

<石川>日本航空石川
在籍無し

<福井>坂井
在籍無し

<静岡>藤枝明誠
在籍無し

<愛知>中京大中京
法政・清水雄二(4年=外野手)
法政・小林満平(3年=内野手)
法政・伊藤寛士(2年=捕手)
3年夏、バッテリーを組んだ上野翔太郎(駒澤)と共にU-18侍ジャパンに選出。
慶應・中村健人(2年=内野手)
3年夏の甲子園、3番・中堅手としてチームの中軸を担った。
慶應・長谷部銀次(1年=投手)
法政・佐藤勇基(1年=内野手)
2年夏の甲子園、遊撃手として全3試合にスタメン出場。

<岐阜>大垣日大
立教・田中健(4年=外野手)
立教・種田真大(3年=外野手)
3年夏の甲子園、史上最大8点差大逆転に貢献。(5打数2安打)

<三重>津田学園
在籍無し

※所属は2017年春季時点(2017年4月1日)