石川や高橋といった主力を温存した日本。ゆえに強豪ポーランドに対する敗戦は小さくない話題となった。(C)Getty Images  さらなる高みを目指した采配が一部で波紋を呼んだ。 6月7日、男子バレーボールの「ネーショ…

 

石川や高橋といった主力を温存した日本。ゆえに強豪ポーランドに対する敗戦は小さくない話題となった。(C)Getty Images

 

 さらなる高みを目指した采配が一部で波紋を呼んだ。

 6月7日、男子バレーボールの「ネーションズリーグ(VNL)」は予選ラウンド第2週の第3戦を開催。世界ランク4位の日本代表は同1位のポーランド代表と対戦し、0-3(17-25、15-25、20-25)のストレート負けを喫した。

【動画】異例のリベロ同時期用! 日本がポーランド戦で見せた奇策シーン

 

 結果的に福岡ラウンド初黒星を喫し、大会通算成績を5勝2敗とした日本。しかし、この試合ではフィリップ・ブラン監督が大胆な策を講じていた。というのも、チームの底上げと競争力の強化を狙った指揮官は、石川祐希、高橋藍、西田有志ら主力メンバーを温存。福岡ラウンドで出場機会の少なかった宮浦健人、甲斐優斗、富田将馬、バデダン・ラリーら若手を起用した。

 すでに五輪出場権を獲得しているからこその采配ではある。しかし、格上との差は歴然で、世界随一のパワーで圧倒された日本は成す術なく敗戦。試合後には一部のファンから「捨て試合を見させられて、観客が可哀想」「なんで負けているのに主力を出さないの?」といった意見が殺到した。

 主力温存以外にも、試合前に石川がリベロのユニホーム姿を見せたほか、第2セット終盤にはリベロ登録の山本智大を投入し、“最強リベロ”小川智大との同時プレーを採用するなど、話題になるシーンも多く見られた日本。とにかく試せる戦術を全て試した感があるチームには、相手も小さくない違和感を抱いたようだ。

 ポーランドの母国紙『Przeglad Sportowy』は、「日本は最強の布陣で挑んだ欧州王者に対して煙幕を巻いてきた」と指摘。さまざまな策を講じた日本のプランニングを「こちらを動揺させようとしたのだろう」と分析し、次のようにリポートしている。

「ブラン監督が今回のような行動に出たのは、ポーランドと日本がパリ五輪の重要な試合で対戦する可能性があるためで、我々は煙幕を巻かれたのかもしれない。さらにこのフランス人監督は、他のチームとの対戦で得点を挙げることの方が重要だと考え、主力を温存することを優先した可能性もある」

 果たして、この敗北は五輪でのメダル獲得を目指す日本にとってどのような意味を持ってくるのか。すべては今後のパフォーマンス次第と言えそうだ。

 

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

 

【関連記事】「日本は貧弱だった」世界1位に批判も起きた日本の“主力温存” 圧勝のポーランド紙も注目「守備に問題」【ネーションズリーグ】

【関連記事】「大黒柱2枚がいない中で…」男子バレーの好発進に反響続々!石川祐希・高橋藍不在も東京五輪銅のアルゼンチンに逆転勝ち「この結果は素晴らしすぎる」

【関連記事】“チーム最年少の20歳”甲斐優斗がアルゼンチン撃破に貢献! 17得点を挙げる活躍に海外メディアも賛辞【男子バレー】