ボクシング元5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)と、総合格闘技UFCで”同時2階級制覇”を成し遂げたコナー・マクレガー(29=アイルランド)が、8月26日(日本時間27日)に米ラスベガスで激突する。ボクシング・ルールの12Rで行なわれるこの試合は世界中の注目を集めており、両者のファイトマネーはそれぞれ1億ドル(約109億円)と予想されている。

 日本ではDAZN(ダゾーン)で独占中継されるこの”世紀の一戦”を、かつてUFCやK-1で活躍し”変幻自在のトリックスター”と呼ばれた須藤元気氏に大胆予想してもらった。49戦無敗のメイウェザーにボクシング・ルールで挑むマクレガーに勝機はあるのか?



元格闘家。現在は書家、作家、パフォーマー......とさまざまな肩書を持つ須藤元気氏

 *  *

「メイウェザーが有利、とみな言っていますが、僕はマクレガーが来るんじゃないかな、と思いますね」と、須藤氏は言う。

 須藤氏はかつて総合格闘家としてUFCやHERO’Sで活躍し、ヒクソン・グレイシーの弟ホイラーにKO勝ち、”地獄の風車”と呼ばれたオランダのキックボクサー、ラモン・デッカーに一本勝ちした実績を持つ。総合格闘家でありながら、打撃しか許されないK-1にもチャレンジし、K-1王者の魔裟斗やアルバート・クラウスと対戦、”韓国のテコンドー王者”金珍優(キム・ジンウ)には、バックハンド・ブローでKO勝ちしている。

「メイウェザーは40歳で、引退して約2年経っています。重量級だと、ある程度年齢がいってもできますが、軽中量級はスピード勝負で、年齢が意外と響くんです。だからこの2人は、イーブンな気がします」

 総合では43歳でUFC王座に返り咲いたランディ・クートゥアや、ボクシングでも49歳でWBAスーパー王座を獲得したバーナード・ホプキンスの例もあるが、ともに重量級だ。

「もちろん、この2年間をメイウェザーがどういった生活をしていたかによっても変わりますが、そんなに走り込みとかはしていなかったと思うんですよね」