花咲徳栄-東海大菅生  東海大菅生との接戦を制し、ガッツポーズの花咲徳栄・清水。手前は決勝打の高井=甲子園【写真提供:共同通信社】

 

 

 

第99回全国高等学校野球選手権準決勝・第2試合。埼玉代表・花咲徳栄と西東京代表・東海大菅生の対決は壮絶なシーソーゲームとなった。

1回裏、東海大菅生は1番・田中 幹也(2年)が右前打で出塁。2番・松井 惇(3年)が左前打で続くと、3番・小玉 佳吾(3年)の犠打で二死二・三塁とした後、暴投で1点先制。さらに敵失で1点追加。いきなり2点を先制する。

2回表、花咲徳栄は一死二・三塁から7番・小川 恩(3年)の二ゴロの間に1点を返し、同点に追いつく。しかし2回裏、東海大菅生は9番・松本 健吾(3年)の適時打で1点を勝ち越し。

3回表、花咲徳栄は、二死満塁から5番・須永 光(3年)の三塁強襲の適時打の間に、二塁走者・西川 愛也(3年)が好走塁を見せ3対3の同点に追いつく。

東海大菅生は3回裏、二死一・二塁から6番・佐藤 弘教(3年)のタイムリー二塁打で4対3と再び勝ち越しに成功したが、花咲徳栄は4回表、二死二塁から7番・太刀岡 蓮(3年)の左翼線を破る二塁打で、再び同点に追いつく。

試合はしばらく膠着していたが、花咲徳栄は8回表、二死満塁から9番・岩瀬 誠良(3年)のレフトへのタイムリーツーベースで2点を勝ち越し。これで花咲徳栄の勝利が大きく近づいたように見えたが、9回裏、東海大菅生が怒涛の粘りを見せる。

先頭の牛山 千尋(3年)が安打で出塁すると、一死一塁から代打・猪股 寬太(3年)がレフト前打で続き、一死一・二塁のチャンスを作る。すると1番・田中が遊撃強襲安打放つ。打球が外野へ転々とする間に二塁走者だけではなく、猪俣の代走・上林 昌義(3年)が俊足を飛ばして一塁から生還。同点に追いつき、試合は延長戦となった。

11回表、花咲徳栄は6番・高井 悠太郎の適時二塁打で2点を勝ち越し、さらに二死一・三塁から振り逃げで1点を追加し、リードを広げる。この3点を花咲徳栄のエース・清水 達也(3年)が守り抜き、初の決勝進出を決めた。

決勝戦の相手は10年ぶり決勝進出の広島代表・広陵。ともに初優勝を目指し、決勝戦を戦う。