『第99回全国高校野球選手権大会』は8月20日に12日目が行われた。第1試合では東海大菅生(西東京)が三本松(香川)と対戦。東海大菅生が9-1で勝利した。

公立校としてベスト8に唯一勝ち残ってきた三本松。初のベスト4を懸けて臨んだが初回に2ラン被弾もあって3失点。三回にも2点を奪われ序盤で5点差とされる。東海大菅生は中盤、終盤にも得点を重ね突き放した。

それでも意地を見せたい三本松が八回に反撃する。黒田一成が先頭で二塁打。大久保祥吾の適時打で1点を返した。

この試合には「東海大菅生の強さは本物だ!」「高岡商業戦の中盤までは接戦だったけど、それ以外の試合では余裕のある試合運びですね」「三本松は初回のチャンスを活かせなかったのが痛かった。ヒットは打ててたしスコアほど圧倒的な負けじゃない」「セミプロのような環境で練習してる私立もある中で地方の公立校が全国ベスト8は立派」などの声が寄せられている。