早朝トレーニングのリスク!!!???

夏ももう目前に、という感じですが。
この時期から取り入れることが多いのが朝ランです。
早朝練習です。
まだ日の登らない涼しい時間帯に運動することで熱中症などのリスクを減らすというものです。
でも実はこれ案外危険なこともあるのです。

それは自律神経の問題です。
夜寝ている間はリラックスを優先させる副交感神経が優位状態です。
そして起床後緩やかに活動を優先させる交感神経に切り替わっていきます。
この切り替えを急激に行うことは身体に負担をかけることになります。
その結果心筋梗塞などの重篤な状態に陥ることもあります。
スポーツ科学が発達しているアメリカのチームでは朝練をするところはほぼないです。

朝の練習が悪いとは言いませんが、こういったリスクがあることを理解しておくのも大事ですね。
起床後1時間くらいは空けてランニングしたいものです。

✴︎✴︎✴︎

Momonaランニングクラブではホノルルマラソンも科学的に対応していきます。
現地、ホノルルでは初心者の皆様の体に負担がないように、
そして時差や暑さ対策を徹底して管理していきます。
42㎞、しっかりと対策をして走るから笑顔でゴールできます。

マラソンは科学です。
www.momona-run.com