大阪桐蔭-仙台育英 9回裏仙台育英2死一、二塁、若山(右)の遊ゴロで、一塁手中川がベースを踏めずセーフとなる=甲子園【写真提供=共同通信社】

大会11日目の第3試合は史上初となる二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)と、2年前の準優勝越えを目指す仙台育英の一戦。その結末は、あまりに無情だった。まさにこれぞ”甲子園の魔物”といったところか。ゲームセットを誰もが確信し、歓喜に湧くその準備は整っていた。

大阪桐蔭・柿木 蓮(2年)は今大会初先発。徳山 壮磨(3年)という絶対的エースを休養させるべくマウンドに向かった男が、仙台育英打線を翻弄する。一方の仙台育英は東北ナンバーワン左腕の名高い長谷川 拓帆(3年)。エースのプライドを胸に、春夏連覇を狙う大阪桐蔭打線を終盤まで黙らせた。

7回まで両チーム無得点。均衡を破ったのは大阪桐蔭だった。8回一死から2番・山本ダンテ武蔵(3年)が二塁打を放つと、続く3番・中川 卓也(2年)が詰まりながら左前に運び、山本が生還。欲しかった1点をもぎ取った。

8回裏には仙台育英がチャンスを作り、2番・鈴木 佳祐(2年)の左前打で二塁走者の長谷川が本塁突入。しかしこれを左翼・山本が好返球で阻止。仙台育英の同点機を奪った。

9回表の大阪桐蔭は無得点。その裏のマウンドには柿木が続投。テンポよくツーアウトを取り、あとワンアウトという場面で5番・杉山 拓海(3年)が中前打で意地の出塁。その後四球で打者は7番・若山 壮樹(3年)。初球を振った打球は平凡な遊ゴロ。遊撃手が一塁に送球し万事休す…。と思いきや、一塁手の足が離れていたとの判定。整列準備に向かおうとしていた大阪桐蔭ナインは茫然。球場全体が何が起こったのか理解できていない。そんな騒然とした雰囲気となる。

そして打席に向かったのは、途中出場の馬目 郁也(3年)。完封目前の柿木もさすがに集中力を失ったか。甘い真ん中寄りのインコースの直球をセンターの頭上へ運ばれ、まさかの逆転サヨナラ二塁打。皮肉なことに仙台育英の放ったこの試合初めての長打だった。

王者・大阪桐蔭ですら、甲子園の魔物は容赦しない。ただ、最後まで投げ切った両投手をはじめ、両チームは強豪同士の試合らしい緊迫した好ゲームを見せてくれた。