『第99回全国高校野球選手権大会』は8月14日に7日目が行われた。第2試合では高岡商業(富山)と東海大菅生(西東京)が対戦。終盤の大量点で突き放した東海大菅生が11-1で勝利した。

1-1の同点で迎えた六回に東海大菅生は松井惇が三塁打。ノーアウト三塁で小玉佳吾が勝ち越しの犠牲フライ。七回、八回にも1点ずつ加えた東海大菅生。九回には四球と連打でビッグイニングを創出。一挙7点を奪う猛攻で試合を決定づけた。

敗れた高岡商業はヒット7本放つも打線がつながりを欠いた。

この試合には「終わってみれば東海大菅生の打力が光った試合だったね」「途中までは行けるかなと思ったけど残念。高商は2年生が多いから来年に期待」「中盤までは接戦だったけど終盤で明暗分かれてしまった」「西東京大会で強豪を次々に破ってきただけはある」などの声が寄せられている。