【第15回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

「何でも言える間柄」となったグレート草津とアニマル浜口は、リングで暴れまくり、外でも遊びまくった。その舞台は、アメリカ――。1971年6月、グレート草津が先に出発すると、後を追うようにアニマル浜口も1972年2月にアメリカへと旅立った。それから草津が同年6月、日本に帰国するまでの約4ヵ月間の出来事を振り返る。

「国際プロレスとはなんだ?」前回コラムはこちら>>>

連載第1回目から読む>>>



娘・京子の試合にはいつも夫婦そろって応援に駆けつけた

「国際プロレス四天王」のひとり・グレート草津(4)

「まずは、ネブラスカ州のオマハ。僕が行ってすぐに草津さんがバーン・ガニアと『ビッグショー』で対戦したんです。草津さんは向こうでもメインイベンターでした。僕はまだ試合がないから、私服のままセコンドについていたんですが、試合がヒートアップして乱闘になり、お客さんも暴れ出して……。気がついたら僕も革靴を脱ぎ捨てて、裸足でリングに上がっていましたよ。それから草津さんとタッグを組むようになりました」

 アメリカでアニマル浜口とグレート草津は、ホテルのスイートルームに長期滞在した。練習や試合だけでなく、文字どおり”寝食”をともにしていた。

「オマハのダウンタウンにあったローガン・ホテルとか、懐かしいですね。スイートルームに割り勘で泊まってました。サーキットであちこち行きましたけど、一番思い出があるのはやっぱりオマハかな。オマハはね、草津さんが先に行って”開拓”してくれていたから、最初から何ひとつ不自由しませんでした。

『マウント富士』というジャパニーズレストランがあって、香港と商いをしていた日系人の方に生まれて初めて豚足というものをご馳走になりました。今と違ってまだ人種差別の強かった時代でしたが、特に意地悪されたこともなかったですね。ましてや事故にあったり、食えないなんてことはまったくなかった。英語もできないままアメリカに行ったけど、3ヵ月もすれば相手が言っていることがわかってきたし。最後は英語でケンカもしてましたよ」

 当時のオマハにはバーン・ガニアのほかに、ニック・ボックウィンクルなどAWAのスーパースターが集まり、リングは華やかだった。

「グレッグ・バレンタインという若手選手も前座で出てましたね。会場が盛り上がるから、僕たちもやりやすかったですよ。僕は上背がないから、とにかくナメられないように上半身をパンパンにしてリングに上がりました。あとは自分の勘で会場の雰囲気をすぐに察知して、どう試合を運んでいけばいいのか考えて。それがプロレスの醍醐味ですからね。

 その間も草津さんとは、言いたいことを言える関係でした。もちろん、先輩として尊敬していたし、常に立てていましたけど、ときには『ウエイトトレーニングもしてください!』なんて生意気なことを言ったりもして。草津さんがアスリートとして、プロレスラーとして持っているものが僕はうらやましかったですし、もったいないと心の底から思っていましたから。もっと上半身を鍛えれば、間違いなく世界一のレスラーになれると信じていました」



自宅でのふたり。今も仲睦まじいアニマル夫婦

 話は脱線するが、アニマル浜口にはアメリカ武者修行中に、熱いラブロマンスがあった。お相手は、結婚する前の初枝さんだ。

「また僕の話なんですが……。ラッシャー木村さんに引き合わせてもらったあと、彼女の店に通い詰めていましたが、まだきちんと想いを告げることができないうちにアメリカへ行くことになりまして。1972年の冬ですかね。吉原(功/よしはら・いさお)社長の命令だから、『彼女ができたから行きません』なんて口が裂けても言えないし。でも、彼女が羽田空港まで見送りに来てくれたので、社長やみんなにも付き合っているのはバレバレ。

 当初、僕はアメリカから手紙を送っていました。彼女も毎日のように手紙を書いてくれて、しかも『日本が懐かしいでしょうから』と、日本の歌が入ったカセットテープやインスタントラーメンを添えてくれていました。ただ、僕はだんだん手紙だけでは満足できなくなり、国際電話をかけるようになりました。ファイトマネーが入ると長電話ばかりしていたから、1ヵ月の電話代が当時のお金で30万円を超えるようなこともあってね。

 それから一度だけ、1週間ほど休みがあったので、ハワイでデートすることになったんです。そのとき、実は映画出演の話がありまして、バーン・ガニアが『ザ・レスラー』という映画をつくっていて、『空手家の役で出てくれ』と言われていたんです。だから、『(映画の件で)日本の会社から戻ってこいと言われた』と嘘をついてインディアナポリスを抜け出しました。彼女は日本から、僕はシカゴ経由でハワイへ。いやぁ、何ともお恥ずかしい」

(つづく)
【連載】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

連載第1回から読む>>>