『第99回全国高校野球選手権大会』は8月13日に6日目が行われた。第3試合では明桜(秋田)と二松学舎大付(東東京)が対戦。序盤からリードを奪った二松学舎大付が14-2で勝利した。

二松学舎大付は二回に長短打を集中させて3点を先制。四回に永野志弥の適時打で加点すると、その後は毎回の得点で明桜を突き放した。明桜は6失策も響き試合のリズムがつかめない。

それでも六回に3連打で1点を返し、九回には松本大輝がソロ本塁打を放つなど聖地を沸かせ確かな足跡を残した。

この試合には「二松學舍は予選から安定した試合が続いてるな」「二松学舎の打線は切れ目がなかったな」「さすがチーム打率トップのチームだな。今後の課題は好投手と当たったときの対策か」「明桜の山口くんは肩の調子が悪そうだったね。彼は2年生だから来年この悔しさを晴らしてほしい」などの声が寄せられている。

勝った二松学舎大付は大会10日目の17日に三本松(香川)と対戦する。