『第99回全国高校野球選手権大会』は8月13日に6日目が行われた。第4試合では明豊(大分)と坂井(福井)が対戦。終盤までもつれた試合は7-6で明豊が勝利している。

中盤に両チーム点を取り合った試合は4-4で八回を迎える。先攻の坂井はヒット2本とバントで2アウトながら二、三塁のチャンス。ここで山内良太の打球は三塁を強襲する内野ゴロ。三塁手が悪送球した間にランナーふたりが生還した。

追い詰められた明豊だがランナー二塁に置いて三村鷹人が適時二塁打。浜田太貴が起死回生の逆転2ランを放ち試合をひっくり返した。

この試合には「凄いシーソーゲームだった!」「強打の明豊に対し、坂井も食らいついて見応えのある試合だった」「全力疾走が気持ちいいチームだった。坂井おつかれさま」「序盤はロースコアで後半は点の取り合い。見どころの多い面白い試合だった」「今年はホームランがよく飛ぶね。高校生の身体が昔と違うよ」などの声が寄せられている。