興南-智弁和歌山 5回表智弁和歌山2死一塁、冨田が左越えに同点2ランを放つ=甲子園【写真提供=共同通信社】

大会第4日目の第3試合は、共に優勝経験のある和歌山県代表・智辯和歌山と沖縄県代表・興南との一戦となった。

1回、2回は両チーム無得点。試合が動いたのは3回裏。二死満塁から押し出し四球を選び、興南が1点を先制。さらに5番・川満 大翔(3年)の内野安打、6番・嘉数 尊(3年)の左前適時打で4得点。ここで智辯和歌山は先発の北 拓海(3年)から2年生右腕・平田 龍輝にスイッチするが、興南打線の勢いは止まらず、二死二・三塁から7番・渡辺 健貴(3年)の左前適時打で2点を追加し、この回一挙6得点。

4回、6点を追う智辯和歌山は2年生を中心に反撃を開始する。一死満塁のチャンスを作ると7番・西川 晋太郎(1年)の適時打1点を返すと、続く9番・平田も適時打を放ち、2対6と追い上げる。

5回表には3番・林 晃汰(2年)が左中間最深部に飛び込む豪快な2ランを放ち、2点差に追い上げる。さらに6番・文元 洸成(2年)が7球粘った末に四球を選ぶと、7番・冨田 泰生(2年)が高めに入った直球を見逃さず、レフトスタンドへ飛び込む2ランで同点に追いついた。

そして6回表、一死満塁から4番・蔵野 真隆(3年)がしぶとく右前適時打を打ち、ついに勝ち越しに成功。この勝ち越し点で勢いに乗った智辯和歌山は8回表に3番・林の犠飛、9回表には7番・冨田が適時打を放ち、着実に加点した。

3回途中からリリーフした智辯和歌山の平田は6.1回を投げて7奪三振、無失点に抑える好投で興南打線を抑え込み、智辯和歌山にとって6年ぶりとなる甲子園勝利を挙げた。