『第99回全国高校野球選手権大会』は8月10日に3日目が行われた。第3試合では、おかやま山陽(岡山)と聖光学院(福島)が対戦。聖光学院が中盤の連続得点もあり6-0で勝利している。

聖光学院は二回に先頭の柳沼楽人がヒットで出塁。続く仁平勇汰が適時三塁打を放つと、松本聖也の適時打でさらに1点を追加した。聖光学院は五回まで毎回の得点で5-0と、おかやま山陽を突き放す。

おかやま山陽も三回に森下浩弥が二塁打。井元将也は死球で2アウト一、二塁としたが好機を生かせなかった。八回にも追加点を挙げた聖光学院が初戦突破を果たした。

戦後最長となる11年連続選手権出場の聖光学院。常連校の力を見せた試合には、「経験の差が出たかな」「おかやま山陽には良い経験になった」「おかやま山陽はあと一本が出ず残塁したのが痛かったな」「聖光学院はさすがに安定感。おかやまは初出場で健闘した」などの声が寄せられている。