いよいよ始まる「第99回全国高校野球選手権大会」。大会1回戦(一部2回戦含む)の試合ごとに注目選手と見どころを、おなじみのアマチュア野球ウオッチャー西尾さんが解説!翌日の試合の予習をして注目選手のプレーを見逃すな!

プロ注目の西浦颯大(明徳義塾)、本格派4投手を擁する前橋育英大会第2日

作新学院(栃木)vs 盛岡大付(岩手)
松商学園(長野)vs 土浦日大(茨城)
前橋育英(群馬)vs 山梨学院(山梨)
日大山形(山形)vs 明徳義塾(高知)

作新学院(栃木)vs 盛岡大付(岩手)

第一試合は1回戦屈指の好カード。夏連覇を目指す作新学院、センバツベスト8の盛岡大付ともに強打が持ち味のチームだけに、カギとなるのは投手陣。作新学院はセンバツ以降成長を見せた篠原聖弥、盛岡大付はセンバツでは肩痛で不完全燃焼となった平松竜也の両大型右腕が中心となるが、他の投手も力はあるだけに継投のタイミングも重要になるだろう。

▼平松竜也投手(盛岡大付)

松商学園(長野)vs 土浦日大(茨城)

第二試合は松商学園の青柳真珠、直江大輔の本格派右腕二人に土浦日大打線が挑む。青柳、直江ともコントロールに少し不安はあるものの、長身を生かした本格派らしいフォームでともに140キロを超えるスピードを誇り、継投が多いため最初から飛ばすことができる。土浦日大は長打力のあるトップバッター、鈴木健太がチャンスを作り好調な中軸に繋げたい。

前橋育英(群馬)vs 山梨学院(山梨)

前橋育英は4人の本格派を揃え、その投手力は大会でもナンバーワン。1番を背負う皆川喬涼はセンバツ以降どんどんスピードアップし、群馬大会では149キロをマーク。センバツでは1番を背負った丸山和郁がリリーフで控えていることも頼もしい。群馬大会の打率は高くないが、得点力は決して低くない。山梨学院も強打のチームだが、エースの吉松塁も調子を上げており、投手戦になる可能性は高いだろう。

▼皆川喬涼 投手(前橋育英)

▼丸山和郁 中堅手兼外野手(前橋育英)

▼吉松塁投手(山梨学院)

日大山形(山形)vs 明徳義塾(高知)

4季連続甲子園出場の明徳義塾は試合巧者ぶりが目立つ。旧チームからレギュラーの西浦颯大、今井涼介は高知大会では不振だったものの、その前後を打つ選手がしっかりカバーした。一方の日大山形は大型トップバッターの鈴木琉生、4番の舟生大地が好調で、打力には定評がある。明徳義塾の北本佑斗、日大山形の森田南々斗の両エースはスピードはないものの、丁寧なピッチングが持ち味だけにロースコアの展開になりそうだ。

▼西浦颯大外野手(明徳義塾)

【甲子園】関連記事大会第1日目の注目選手と見どころ