※掲載期限切れのため動画は削除しました

8月5日、兵庫ディオーネVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第16戦が、前日に引き続き県営大宮球場で行われた。

先制点を挙げたのはアストライア。
4回表、4番・川端がライト前ヒットで出塁すると、盗塁と送りバントで1アウト三塁のチャンスを作る。ここで6番・岩谷が犠牲フライを放ち先制する。

アストライアは先発投手の谷山が5回までディオーネ打線を0点に抑える好投を見せる。

しかし負けられないディオーネは6回、1アウト一、三塁の場面で、6番・寺部が犠牲フライを放ち、同点に追いつく。

同点のまま試合は延長へ突入すると、この戦いに終止符を打ったのは、6回に同点犠牲フライを放ったディオーネ・寺部。
1アウト満塁のチャンスで、左中間を抜ける走者一掃のタイムリーツーベースを放ち4-1と勝ち越しに成功。

この点差を守り切り、兵庫ディオーネは埼玉アストライアに4-1で勝利した。