※掲載期限切れのため動画は削除しました
8月4日、兵庫ディオーネVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第15戦が県営大宮球場で行われた。

引き分けをはさんで6連敗中のディオーネは、連敗脱出のためエース里に試合をゆだねる。一方、3連勝中のアストライアもエース磯崎が先発。
序盤は両エースが好投し、ランナーを出すもチャンスを与えない投手戦となる。

しかし、4回以降アストライアの磯崎が崩れる。
4回、ディオーネ打線は2本の安打と四球で2アウト満塁のチャンスを作ると、7番・みなみがレフト前2点タイムリーを放ち先制する。

さらに5回に1点、7回にも3点を追加し6-0とアストライアを引き離す。

援護をもらったディオーネの里は、7回を被安打4でアストライア打線を完封。

兵庫ディオーネが6-0で埼玉アストライアを下した。