元競泳日本代表で、北京、ロンドンと2大会続けてオリンピックに出場した伊藤華英氏。現役引退後は競泳選手のメンタルタフネスを研究し、早稲田大学で修士課程修了、順天堂大学では博士課程を修了し、博士号を取得している。

 まもなく開幕する世界水泳(競泳)を前に、これまで蓄積してきたノウハウを言語化すべく、スポーツを伝える”言葉”を探求するライブ・イベント『A.L.E.14(エイル・フォーティーン)』(6月20日、東京・恵比寿アクトスクエアにて開催)に登壇した。



今年4月に開催された日本選手権400m個人メドレーで日本新記録で優勝した大橋悠依