◇2位 8.63

法政・菅野秀哉(3年 小高工)

6試合 3勝0敗 防御率1.39 奪三振31 投球回32 1/3

腰痛の影響で開幕に出遅れるも、尻上がりに調子を上げて負けなしの3勝。代名詞でもある決め球のスライダーに加え、ストレートの球速は常時140キロ台後半をマーク。最優秀防御率1.39を記録して、自身初のタイトルを獲得した。

▼高校時代の主な成績:福島県大会ベスト4

高校3年夏の予選で、春、夏、秋通じて福島大会史上初となる完全試合を達成(奪三振13)して、一躍注目を集めた。

※奪三振率

=奪三振 × 9 ÷ 投球回数

1試合(9イニング)投げて何個三振を奪えるか。