8月26日に米国ネバダ州ラスベガスで対決するフロイド・メイウェザーとコナー・マクレガー。ボクシング元5階級制覇王者と総合格闘技UFCの2冠王者によるドリームマッチは、全米各地を回るプロモーションが展開中だ。

ロサンゼルスで開かれた記者会見では、マクレガーがメイウェザーのファイトスタイルを批判する一幕があった。抜群のディフェンステクニックとスピードで相手を翻弄し完封してきたメイウェザーだが、その戦い方にはリスクを取らないとの批判も耐えない。

「ボクシング界すべての馬鹿どもに言いたい」と、会場を見まわしながら話すマクレガー。もしメイウェザーにチャンスがあると思うのなら、お前らはクレイジーだ。こいつの頭は小さすぎる。パンチ一発でお終いだ」

続けて自身がUFC世界フェザー級統一王者になったジョゼ・アルド戦を例に挙げながら、「俺はアルドの頭も叩きつけてドリブルしてやったんだ」と挑発する。

「こいつは判定に逃げるやつだ。人生で一度も戦ったことがない。ボクシング界最大の“腰抜け”だ」

フロイド・メイウェザー 参考画像(2017年3月7日)(c) Getty Images

フロイド・メイウェザー 参考画像(2017年3月7日)(c) Getty Images