アミューズは、スポーツビジネス市場へ本格参入を開始し、新たにスポーツビジネスプロジェクトを新設した。

同社は芸能活動のみをサポートするマネージメントスタイルではなく、世界で活躍する機会の提供を行いながら、引退後もベストパフォーマンスを発揮できるようなサポートを実施。アスリートのエージェント業務として、次世代サービスの創出を目指す。

また、本格参入するにあたってスポーツビジネスプロジェクトを新設し、元海外プロアイスホッケー選手の坂田淳二がエグゼクティブプロデューサーに就任。これまでの経験を活かし、アスリートのトータルプロデュース事業を構築する。

コンセプトは、2020年以降の日本スポーツ界に貢献できるサービス。今後、世界的なアスリートと触れ合う機会、スポーツのエンターテインメント化、スポーツの楽しさを子どもたちに伝える活動、スポーツを通じたグローバル教育、女性アスリートの環境支援を行っていく予定だ。

その第一弾として、プロバレーボーラーの柳田将洋と契約。ドイツへの海外移籍を実現し、その活動をサポートする。今後は、異国での順応方法や競技パフォーマンス向上の為のメンタリング、プロとしての競技活動費の獲得を中心に支援していく。

また、同社がマネージメントするプロランナーの大迫傑と、元バレーボール選手の竹下佳江も参画し、大迫は競技専念の為の環境支援やプロランナーとしての地位向上、ランニングを通じたグローバル教育、竹下はママアスリートに向けた情報発信、競技と妊娠・出産・育児などのライフイベントとの両立に向けた仕組みづくりや女性指導者増加に向けての環境支援を行っていく。

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設

アミューズ、スポーツビジネスプロジェクトを新設