壁を越えられなかった。開幕4連勝するも、そこから3カード連続で勝ち点を落とした。負の流れを断ち切れず2005年以来12年ぶりの5位。得点力不足やミスの多さだけではなく、生活面での甘さなど「野球以前の問題」と口にした選手が多くいた。秋に向けてチームの課題は山積みだ。

連覇の途切れたチームの中でひときわ輝きを放った。逢澤崚介外野手(文3=関西)はオープン戦で好調を維持し、開幕カードの東大戦では4番に選ばれた。明大が12年ぶりに5位に沈む中11試合中10試合で安打を放ち、チーム唯一の打率3割を獲得するなど好調を維持し続けた。不調の明大を救うため、豊富な経験と走攻守における高い能力にこの夏でさらに磨きをかけ、秋は神宮の主役となる。(この取材は6月10日に行われたものです)

--今季の振り返り

4連勝という形でスタートできて、気の緩みというのはなかったんですけど、そういうのが見られて、そこから連敗が続いて優勝の可能性が残った試合でも大差で負けてしまいました。応援団とかファンの皆さんに対して情けない試合をしてしまったのはみんな感じているので、それは秋に向けてこの悔しさをどう生かしてやっていくかというのを考えてやっています。

--連敗中のチームの雰囲気は

やっていくなかで勢いがないなというのは感じました。

--今季のターニングポイントは

慶応の1回戦ですね。勝ち点取れば優勝の可能性が残っていた試合ではあったんですけど、そこを落としたというのが今年の明治の弱さだったと思います。

--今年のチームに足りないものは

去年みたいに中心になる選手がいないので、チームワークとかでカバーしないといけなかったのにそれができなかったというのが5位という結果に出たかなと思います。

--その中でも良かった部分はありましたか

それも見当たらないくらい落ちるところまで落ちたので、あとは上がっていくだけかなと思います。

--生活面を敗因に上げる選手もいました

寮生活をちゃんとやらないと勝ちにもつながらないと思います。昨年はそういう部分もできていたからこそ、春秋連覇、日本一というのがつかめたと思うので、そういうところから見直していかないといけないと思いました。このチームを引っ張らなければいけないというのは始動したときから思っていて、以前まではプレーだけで引っ張ろうと思っていたのですが、それだけでは足りないと思うので、私生活、寮生活など含めて信頼されるプレーヤーになっていきたいと思います。

--チーム全体的に小技が増えました

オープン戦から今年のチームは点が取れなかったので長打を打てる選手もいないですし、どうやったら点が取れるのかを考えた結果、足が速い選手も多いですし、小技を絡めた得点の仕方をするしかないと思ったので、そういう形になってきていると思います。

--ご自身はリーグ戦で初めての本塁打も出ました

やっぱり中軸を任されることになって振る力はこの冬付けてきたつもりだったので打席でも振れるようになりました。ホームランは狙ってはないですけど、それがヒットの延長でホームランも打てたと思います。バッティングに関してはいい形で取り組めたかなと思います。

--ご自身のプレーの中に足りないものはあると思いますか

必死さが足りないと思うので、3割を越す打率は残せましたけど、アウトになるなり方、内容というのをもっと追い求めなければいけないと思います。ただヒットを打つ、タイムリーを打つとかではなくて、チームにとってどういう影響がある打撃ができるかというのを考えていきたいと思います。

--他に成長した部分はありますか

力がついた、思い切ったプレーができるようになったと思います。上級生になったというのもあって守備や走塁にも生かせて、強気のシフトを引けたり、ノーサインでも三盗を狙ったり、そういう部分です。

--フレッシュリーグはどうご覧になりましたか

日頃チャンスをもらえない下級生たちが思い切ってやってので、結果はリーグ戦で上級生が良いムードをつくれなかったのがフレッシュリーグにも影響したかなと思うので、一生懸命後輩たちが神宮でやってるのを見て、刺激にはなりました。

--若い選手たちに求めることは

遠慮しないでどんどん来てほしいなと思います。上級生に遠慮しながらだと、一歩引いちゃう部分があると思うので、野球のなかでは学年関係なく活躍するチャンスがいくらでもあると思うので、どんどん来てほしいなと思います。

--最後にこれからに向けてひとことお願いします

秋2連覇を目標にして、個人的にはベストナイン、首位打者を取れるように頑張りたいと思います。

--ありがとうございました

◆逢澤崚介 あいざわりょうすけ 文3 関西高出 175cm・77kg 外野手 左投左打

[曽布川昌也]