テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、車いすテニスの男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードの小田凱人が世界ランク10位の眞田卓を6-3, 6-4のストレートで破り、ベスト4進出を決めた。
>>ジョコビッチvsルブレフ 1ポイント速報<<
>>シェルトンvsポール 1ポイント速報<<
昨年5月に15歳でプロ転向を表明した小田は、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初出場。準決勝で国枝慎吾に敗れたもののベスト4進出。11月に行われた車いすテニスの最終戦NEC車いすシングルスマスターズ(オランダ/オス、室内ハード)では、決勝で世界ランク1位のA・ヒューエット(イギリス)を6-4, 6-3のストレートで破り、大会史上最年少で優勝を果たす快挙を成し遂げている。
小田はこの試合、眞田から計5度ブレークに成功。第2セットはゲームカウント3-3から3ゲーム連取でストレート勝ちをおさめた。
小田は準決勝で、世界ランク2位で第2シードのG・フェルナンデス(アルゼンチン)と対戦する。フェルナンデスは2017年と2019年に同大会を制している。
[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)
WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!
西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>