マッシュスポーツラボに所属する澤田優蘭が、6月10日(土)に行われた「第28回日本パラ陸上競技選手権大会」の走り幅跳び(T12クラス)で日本新記録をマークした。

駒沢オリンピック公園陸上競技場にて開催された日本パラ陸上競技選手権大会に出場した澤田は、走り幅跳び(T12クラス)で5m03(風+1.2)を記録。大会記録と、自身が持つ日本記録4m94を更新した。

競技を始めてから5mを第1目標にしていたという澤田は、「後もう少しというところでなかなか超えられずにいたので、今回の記録更新は本当に嬉しかったです。記録を知った瞬間、涙が出ました」とコメント。しかし、「世界との差はまだ大きい」と話し、「今後は5mを安定して跳び、更なる記録更新を目指します」と新たな目標を語った。

澤田が次に出場する大会は、7月1日(土)に行われる「関東パラ陸上競技選手権大会」となる。

走り幅跳び・澤田優蘭、日本パラ陸上競技選手権で日本新記録

走り幅跳び・澤田優蘭、日本パラ陸上競技選手権で日本新記録