100年近い歴史を誇る東京六大学野球連盟には6つの大学しか所属していない。他のリーグとは違って2部もないため、当然、入れ替え戦が行なわれることはない。常に、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、そして東京大学の間で優勝が争われる。だから、確率的には6シーズンに一度は優勝してもおかしくはないのだが、実力の世界ではそう簡単にはいかない。


東京六大学を制した勢いのまま全日本大学野球選手権も優勝した立教大

 今春のリーグ戦で立教が優勝を果たしたが、これは1999年秋以来18年ぶりにして35シーズンぶり。今世紀初ということでも話題になった。もう2017年なのに、今世紀初である。立教大学野球部OBのひとりとして優勝は当然うれしいが、どうしてこれほど勝てなかったのかという疑問も出てくる。

 私が1986年に入部した当時も、立教は1966年以来、20年も優勝から遠ざかっていた。5位が指定席といった状況で、東大の後塵を拝することも珍しくなかった。私の同期には立教高校(現立教新座、1985年夏の甲子園に出場)のメンバーの他にも甲子園経験者がいたものの、2年生以上で甲子園に出た先輩はひとりだけ。全国から野球エリートが集結していた明治、法政にはとても対抗できる戦力ではなかった。ただそれでも、ドラフト候補揃いの強敵から幾度も勝ち星を挙げ、私が4年生になった1989年秋には23年ぶりの優勝を勝ち取ることができた。

 その時代のOBが今春、神宮球場で後輩たちのシートノックを見て、「いまの立教は本当にうまいな。オレたちの頃とは全然違う」と舌を巻く。出身高校をチェックすると、甲子園常連校ばかり。なかには、日本一になった選手の名前もある。大阪桐蔭、仙台育英、横浜、浦和学院……甲子園組だけで何チームもできる戦力が整っている。

 もっとも、前回(1999年)の優勝メンバーにもドラフト2位で巨人入りした上野裕平がいた。のちに立教OBとして初めてメジャーリーガーになる多田野数人は1年生だった。PL学園、東福岡、盛岡大付、聖望学園……強豪校の出身者は、そのときもラインナップに並んでいて、すでに「強くする」流れはあった。

 そう考えれば、18年の空白期間は長すぎる。

 開成高校野球部を追ったノンフィクション『弱くても勝てます』(高橋秀実著・新潮社)のタイトルになぞらえれば、「強くても勝てません」という状態が続いていたのだ。

 なぜ立教大学野球部は18年も勝てなかったのか?

 30年以上も後輩たちの戦いを間近で見つめてきた横山忠夫OB会長(元巨人、1971年ドラフト1位)の目にはどう映っているのか訊いてみた。

「残念ながら、ほかの大学と比べて、戦力的に立ち打ちできない時代が長く続いていた。互角に優勝争いができるようになったのは、2008年にアスリート選抜制度ができて以降。それまでは、なかなか難しかった」

 確かにここ数年は、2010年に甲子園春夏連覇を果たした興南から入学した我如古盛次(現東京ガス)と大城滉二(現オリックス・バファローズ)、大阪桐蔭が春夏を制した2012年優勝メンバーの澤田圭佑(現オリックス・バファローズ)らの活躍によって、優勝争いに絡むようになった。

「ほかの大学のようにドラフト候補生が入ってくるわけではないけれど、甲子園で勝ち上がった経験のある選手が毎年2、3人加わることで、チームがレベルアップしたことは事実。それまでは甲子園で優勝した選手が立教のユニフォームを着ることなんて、ほとんどなかった」(横山会長)

 ただ、優勝争いはできても、その先は遠かった。昨年までエースだった澤田は大学4年間で通算22勝をマーク。昨年のトップバッター佐藤拓也(現JR東日本/浦和学院)も、その前年まで1番に座っていた大城も通算100安打を達成したが、チームは優勝に届かなかった。

 東京六大学を制するためには、選手に相応の能力や経験が必要なのはもちろんだが、それだけで優勝することはできない。ここ数年、立教の優勝を阻んできた若い明治OBのひとりは両校の違いについてこう語った。

「立教と明治では、普段していることが違うんじゃないですか。それが最後の最後で勝負を分けるんです」

 彼らの言葉で言えば「人間力」になるのだろう。一般的には執念とか、粘りとか、勝ちたいという思いとか、そういうものの差だ。

 選手の能力だけで野球には勝てない──。

 横山も、優勝争いで敗れるたびに、その違いを痛感させられたひとりだ。

「あと1勝というところまで明治を追い詰めても、選手からそこまで強い気持ちを感じなかった。どこかで『負けるんじゃないか……』と思っていたのかもしれない。これまでは、今シーズンほどの執念、勝ちたいという気持ちは見えなかった。でも”あの試合”で立教が変わったように思う」

 あの試合とは、この春の明治との3回戦。ここで勝たないと、立教の優勝の可能性は限りなく少なくなる。延長12回までもつれた試合に決着をつけたのは、4番打者の笠松悠哉だった。彼も大阪桐蔭の優勝メンバーのひとりだ。

「個々の選手の力は重要だけど、勝ちたいという気持ちでひとつになったときに強さを発揮するということを、改めて教えてもらった。サヨナラヒットを打った笠松はもちろん立派。そのチャンスをつくった選手たちの頑張りがまた見事だった。一人ひとりに執念があって、次のバッターにつなぐんだという思いがバックネット裏まで伝わってきた。

 正直言って、立教の打者があれだけの気持ちを持って投手に向かっていけるとは思っていなかった。本当に久しぶりにのめり込んで野球を見たね。『一丸になる』と言葉で言うのは簡単だけど、実際には難しい。あのときは、グラウンドにいる選手もユニフォームを着ていない部員も同じ気持ちだったと思う」(横山会長)

 その翌週の早慶戦まで優勝の行方は持ち越されたが、立教の選手たちは明治戦後に「やれることは全部やったな」と口々に言っていた。

 現在、野球部には180名を超える部員が在籍するが、彼らはアスリート選抜のほか、自由選抜、指定校推薦、一般受験など多様な入試制度をクリアして入部してくる。高校時代の実績も、その実力もさまざまだ。

「アスリート選抜で入るような選手は完成度が高くて、監督としてはすぐに使いたくなる。能力があるからすぐにいい数字を残すけれど、もうひとつ伸びなかった。4年生になって成績を落とす選手もいた。素質や能力をさらに磨いて、花開かせるところまではなかなかいかなかったね。もし、能力のある選手が4年になって変わった姿を見せれば、まわりの選手にもいい影響を与えるだろう。

 今回、特に変化が見えたのが4番の笠松だった。開幕直後はぶんぶんバットを振り回していたけど、途中からランナーを返す意識が強くなった。打ちたい気持ちを抑えて、フォアボールをきっちり選ぶようにもなったしね。いまのバッティングを秋も続けることができれば、真の4番になるかもしれない」(横山会長)

 長く課題だったアスリート選抜で入部した選手と、そのほかの選手との融合についても、最高のサンプルがある。

「今シーズン3勝した手塚周(福島)は一浪して入学し、野球部に入ってきた。エース格の田中誠也(大阪桐蔭)とふたりが競い合うのは、理想の姿かもしれない。甲子園組でなくても『頑張ればチャンスがある』という空気が生まれている。田中と手塚はこれからもいいライバル関係を続けてくれるだろう。

 今後もコンスタントに優勝争いをするために大事なのは、あの明治戦の気持ちを忘れないこと。今回は実力で勝ち取った優勝ではなくて、みんなでひとつになって気持ちでつかんだもの。そういう気持ちを持ち続けることが大事だよ。ほかの大学にはもっとすごい選手が入ってきていて、彼らに勝つのは大変だから」(横山会長)

 東京六大学の覇者として臨んだ全日本大学選手権で、立教大は見事に優勝を果たし、大学日本一に輝いた。このまま黄金時代を築くことができるのか、それともまた優勝から遠ざかってしまうのか――。彼らの真価は秋のシーズンに問われることになる。