日本ラグビー協会は11日、「リポビタンD チャレンジカップ 2017」の日本代表スコッドから、共同キャプテンのCTB立川理道(クボタ)とWTB山田章仁(パナソニック)が負傷のため一時離脱すると発表した。再合流日は未定。日本代表は今月17日と24日にアイルランド代表とテストマッチをおこなう。

 山田は10日に熊本でおこなわれたルーマニア代表戦にフル出場し、トライを挙げるなど勝利に貢献したが、ハムストリングに違和感を覚え、試合後、病院で検査を受けていた。
 立川は福岡合宿時からひとり別メニューに取り組み、ルーマニア戦のメンバーには入っていなかった。

 これにともない、ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチはCTB山中亮平(神戸製鋼)とWTB/FB尾﨑晟也(帝京大学4年)を追加招集。山中は福岡合宿にも参加していた。