慶大は15日、神宮球場で行われた東京六大学野球秋季リーグの明大との1回戦に6-3で勝利した。今春のリーグ戦を制し、今季も7戦無敗と首位を走る明大に今季初めての土を付けた。「4番・中堅」で出場した萩尾匡也外野手(4年)は逆転適時打、ダメ押し3ランと4打数2安打5打点の活躍で、先勝の立役者となった。

 2回先頭の第1打席では左飛。2死満塁で迎えた3回の第2打席では明大先発・蒔田稔投手(3年)が投じる縦の大きなカーブに空振り三振に倒れていた。「同郷の後輩に抑えられていたのでやり返したいなと」。0-1と1点ビハインドの5回。先頭で打席に入った増居翔太投手が二塁へ弱めのゴロを放って内野安打に。「(増居の足は)今までで1番速かった」と萩尾も苦笑い。その後2死一、二塁で打席が回ってきた。

 初球はボールの直球を見逃し、2球目の浮いたカーブを見逃さなかった。「引っ掛けてしまった」と振り返ったが、打球は一瞬で左翼手の頭を越えてフェンスまで到達した。「ピッチャーが必死に塁に出てくれたので打ちたいなと」。二人の走者が生還して逆転。二塁上では手を叩いて喜びを噛み締めた。

 6回も同じく2死一、二塁の第4打席で3番手・藤江星河投手(2年)と対峙。カウント3-0となり、ストライクを取りに来るボールに狙いを定めた。4球目の内角直球を空振りも、5球目の真ん中に入ってきた直球を完璧にとらえた。左中間に高々と舞い上がった打球に、手応えは十分。ゆっくりとバットを放し、ダイヤモンドを一周した。

「嬉し涙」と刺繍されたグラブを手にもつ慶大・萩尾【写真:上野明洸】

「やっぱり秋は優勝にこだわってやっていきたい」。春季リーグを終えた萩尾は、今季への目標を語っていた。昨年は春秋連覇、大学選手権を制するも、秋の明治神宮大会では決勝で中央学院大に8-9で敗れ、4冠とはならなかった。萩尾はその試合で先制2ランを放ったが、9回の同点機に凡退。試合後には涙を流した。

「昨年は悔し涙を流したので、今年は嬉し涙を流して終わりたいんです」

 迎えた、最後の1年。ドラフトイヤーというプレッシャーの中で春季リーグを過ごした。「緊張感と戦っていた部分もありました」。最終的に5本塁打を放ったものの、最初の1本が出たのは開幕から1か月後となる7試合目。「1本出るとこんなに楽なのかって……」。予想以上にのしかかる“重圧”を実感したシーズンでもあった。

 それでも春は本塁打、打点の2冠王。大学日本代表にも選ばれるなど、自分の能力は十分に示してきた。ただ、掴みたいのは天皇杯。「ラストシーズンは気負いすぎず、逆に楽しんでいきたいなと」。今季は4番としてここまで打率.452、3本塁打13打点でリーグ打撃部門3冠。5試合連続安打と好調をキープしている。

 今春は明大1回戦に勝利するも、その後2連敗で勝ち点を献上。そのまま優勝を許した。20日にはドラフト会議も控えるが、勝ち点奪取が最優先事項。グラブに刻んだ、「嬉し涙」の刺繍。その言葉を現実にするために、主砲は王座奪還に燃えている。

(Full-Count 上野明洸)
 

「嬉し涙」と刺繍された萩尾のグラブ【写真:上野明洸】