本盗失敗に慶大・堀井監督「ベンチの責任です」

 法大は9日、神宮球場で行われた東京六大学野球秋季リーグの慶大2回戦に3-2で勝ち、1勝1敗とした。立大2回戦からの連敗を5で止めた。

 法大は両チーム無得点で迎えた5回1死一塁で、7番・山根滉太内野手(3年)が左翼線に落ちる適時二塁打を放ち先制した。なおも2死一、三塁とし、1番・西村友哉外野手(2年)の右翼線適時二塁打で1点追加。7回2死三塁では代打・高原侑希内野手(3年)の中前適時打で点差を広げた。

 慶大は3点を追う8回、代打・北村謙介外野手(4年)の右翼線適時二塁打、1番。朝日晴人内野手(4年)の左前適時打で1点差に詰め寄った。ところが、なおも2死満塁の逆転機で、三塁走者がホームスチールに失敗し、追いつけなかった。

 カウント0-1からの2球目、法大の村上喬一郎捕手(4年)は三塁走者のスタートに気づき、冷静に外角へ大きく外れる球を要求しタッチアウトに。慶大の堀井哲也監督が「ベンチの責任です」とだけ語り、法大の加藤重雄監督が「正直言って、あれは助かった」と胸をなでおろしたプレーだった。

 法大投手陣は、先発の篠木健太郎投手(2年)が7回まで無失点に抑え、8回のピンチは木更津総合高時代からの同級生・吉鶴翔瑛投手がリリーフし、しのぎ切った。加藤監督は「篠木は完封ペースだった。慶応さんがしぶとさを発揮し、私自身の継投も少し遅かったが、吉鶴がよく乗り越えてくれた」と選手を称えた。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)