卓球の水谷隼が6月1日、ツイッターを更新。13歳の張本智和に完敗したことを認めている。

同日、ドイツで開催中の卓球世界選手権は男子シングルス2回戦が行われた。張本が、リオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼に4-1で勝利。今大会の大番狂わせを起こした。

試合終了後に水谷は、「終始圧倒され特に良いとこなく敗戦 みなさんの期待に応えられなくて申し訳ないです」と声援を送ったファンへ謝罪。「彼のためにも自分がさらに強くならないとね また0から頑張ろうー」と続け、悔しさをバネに更なる成長を誓っている。

水谷は試合前日、「今日もきっと緊張して寝れないんだろうな…だって明日は張本だ。」とツイートしていた。

‘天才少年’と謳われる張本、日本のエース・水谷との戦いは今後も注目が集まりそうだ。

水谷のツイッターにファンからは、「水谷選手のおかげで後輩が素晴らしく成長していますね!」「張本君を、ここまで成長させたのは、貴方です!」「悔しいのは水谷選手自身でしょうから、私たちに謝らなくていいのです」「試合結果は残念でしたがまだまだ日本のエースの座は譲らないで欲しいです!」「またレベルアップした水谷選手見せて下さい!」などのコメントが寄せられていた。

水谷隼(2017年6月1日)(c)Getty Images

水谷隼(2017年6月1日)(c)Getty Images

13歳の天才少年・張本智和が水谷隼に快勝(2017年6月1日)(c)Getty Images

13歳の天才少年・張本智和が水谷隼に快勝(2017年6月1日)(c)Getty Images