立大 1 - 4x 慶大
勝: 橋本達弥(④長田) 敗: 沖政宗(②磐城)
本:慶大 山本晃大(④浦和学院)2号3ラン(10回)

昨日は慶大が勝利して迎えた立大対慶大の第3回戦。

慶大は初回、先頭の朝日晴人(④彦根東)が安打で出塁するなど2死1,3塁のチャンスを作ると、一塁走者の萩尾匡也(④文徳)が盗塁を仕掛ける間に3塁走者の朝日晴人(④彦根東)が本塁へ帰り、見頃なダブルスチールで1点を先制する。

慶大の先発・増居翔太(④彦根東)はキレのあるスライダーを中心に序盤、立大打線を完璧に抑える。しかし4回、立大は2死ながら1,3塁のチャンスを作ると、黒岩陽介(④静岡)がレフトへタイムリーヒットを放ち1対1の同点に追いつく。

その後試合はこう着状態となる。両校共に8回にチャンスを作るも、立大 沖政宗(②磐城)、慶大 橋本達弥(④長田)がそれぞれ好投を見せ得点には結び付かず。試合はそのまま延長戦へ突入する。

そして10回裏 慶大は2死ながら2,3塁のチャンスを作ると、山本晃大(④浦和学院)が試合を決めるサヨナラ3ランホームランを放ち試合終了。

慶大が劇的勝利で立大戦の連勝を15に伸ばし、勝ち点を挙げた。