24日から宮里藍インビテーショナル

 女子ゴルフ元世界ランク1位の宮里藍による「第3回宮里藍インビテーショナル Supported by SUNTORY」が、24日から茨城・PGM石岡GCで開催される。日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)も参加。前日23日に行われた「ビジョン54レッスン会」では、宮里に質問する場面もあった。参加者(中学1年~高校2年)33人のよる大会は2日間の36ホールで実施。優勝者は宮里とラウンドできる権利を得ることから、馬場は「藍プロとラウンドしたいです」と優勝狙いを宣言した。

 馬場は臆することなく手を挙げた。10メートル先にいる宮里を真っすぐ見つめ、参加者、大会関係者、父兄、取材陣の計100人を前に質問した。

「試合中に体重を維持する方法を教えいただきたいです。どのようにされていたでしょうか」

 宮里は、すぐに「咲希ちゃんは試合中に体重が減りやすいタイプなんだ」と確認。馬場が「はい」と言うと、自分の経験談を語り始めた。

「1度にたくさん食べなくても、こまめに食べることが大事です。試合中は2000キロカロリーが消費されると言います。それは脳の消費もあります。なので、食べていないと集中力が散漫になります。私は3ホールに1度、塩分も摂れるナッツを食べ、プロテインも飲んだりしていました。アメリカのツアーではバナナやリンゴも置いてあるので、食べていましたね。もちろん、水分もしっかり摂ります」

 馬場は宮里が答えている間は、その目を見つめ、終わるとメモにペンを走らせた。

「藍プロに質問できる機会はなかなかないので、体重維持のことを聞こうと決めていました。緊張はしませんでしたが、答えていただいたことに納得しましたし、明日の試合から実践したいと思いました」

 馬場は今夏の海外4往復で、大幅に体重を減らした。現在も春先に比べれば6キロ減。平均270ヤードあったドライバーショットの飛距離は20ヤード減で、体重の増加と維持がテーマになっている。だからこそ、昨年に続いて今大会に参加。宮里からの金言を求めていた。

宮里は馬場に「それにしても、1年間で随分とお姉さんになったね」

「ビジョン54レッスン会」は、宮里が現役時代に学んでいた全ホールでバーディーを獲るイメージ「ビジョン54」に基づいたレッスン会。状況判断の「THINK BOX」、実践の「PLAY BOX」、プレーを記憶に残す「MEMORY BOX」に分けた思考と練習法などを伝えたが、昨年もこのレッスンを受けていた馬場は「全米女子アマの時は、状況判断をして決めたことを迷わずに実践できました。昨年、藍プロから習っていたことが役に立ちました」と感謝した。

 レッスン会後、宮里は馬場に「全米女子アマ、すごかったね。優勝、おめでとう。それにしても、1年間で随分とお姉さんになったね」などと声を掛けた。馬場は憧れの人を前に「ありがとうございます」と返すのが精いっぱいだったが、取材陣の前では喜びを口にした。

「うれしかったです。テレビで見て来た藍プロと話していることが不思議で、フワフワした感じでした(笑)」

 今大会の上位5人には、宮里藍サントリーレディスの主催者推薦選考会出場権が与えられ、優勝者は宮里とラウンドできる権利も手にできる。馬場はそれ聞くと、ニコニコしながら言った。

「藍プロとラウンドなんて、一生ないことですよね。ラウンドしたいです」

 レッスン会で宮里に教わったことも生かしつつ、馬場は全米女子アマチュア選手権決勝の時と同じく、どん欲に勝利を目指す。(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)