東大 4 - 3 慶大
勝: #井澤駿介(④札幌南) 敗: #外丸東眞(①前橋育英)
本: #萩尾匡也(④文徳)1号ソロ(5回)

 

 

東京大学対慶應義塾大学の初戦。

東大は初回、阿久津怜生(④宇都宮)が2塁へ盗塁を決めると、その後バッテリーエラーの間に2塁から一気にホームへ生還し1点を先制する。慶大はその裏、山本晃大(④浦和学院)が犠牲フライを放ちすぐさま同点に追いつく。

その後は両軍の先発、井澤駿介(④札幌南)と外丸東眞(①前橋育英)がお互いに得点を許さず。

しかし5回、東大は2死満塁のチャンスを作ると慶大のバッテリーエラーの間に勝ち越しに成功。なおもチャンスで林遼平(④甲陽学院)がタイムリーヒットを放ち3対1と点差を広げる。

その裏、慶大は春に5本塁打を放った4番・萩尾匡也(④文徳)がソロホームランを放ち1点差に詰め寄る。

7回、東大は2死2塁から宮﨑湧(④開成)がタイムリー2ベースヒットを放ち貴重な追加点となる1点を挙げ4対2。

このままでは終われない慶大は8回、無死3塁から宮尾将(④慶應)が犠牲フライを放ち再び1点差に詰め寄ると、9回にも2死ながら1,2塁のチャンスを作る。しかし最後は東大 松岡 由機(③駒場東邦)が抑え試合終了。

4対3で東大が勝利し、慶大に対し2017年秋以来の勝ち星を挙げた。