※掲載期限切れのため動画は削除しました

5月29日、兵庫ディオーネVS京都フローラのヴィクトリアシリーズ第8戦が尼崎市記念公園球場で行われた。

初回、ディオーネ先頭打者・厚ヶ瀬がレフト前にヒットを放ち、流れを作る。そして3番・中田のライト前タイムリーで1-0と先制点を挙げる。

3回表、フローラが反撃をみせる。2アウト一、二塁の場面で3番・三浦が右中間を破る2点タイムリーを放ち、2-1と逆転。

しかし、4回ディオーネ打線が火を噴いた。
ノーアウト満塁と絶好のチャンスで8番・みなみがレフト前タイムリーで1点を追加する。
さらに1アウト満塁の場面で先頭打者ヒットを出した厚ヶ瀬がライト前へタイムリーを放ち、追加点。なおもチャンスは続き、2番・三原がライト線を破る走者一掃のタイムリーヒットで6-2とフローラを突き放す。
その後、5回にも追加点を挙げ8-2とする。

5回以降、ディオーネ先発投手・里がそのままリードを保ち完投。

兵庫ディオーネVS京都フローラの第8戦は8-2でディオーネが勝利した。

2本の柵超えホームラン含む乱打戦の第7戦はこちら!