東大 7 - 11 明大
勝: #藤江星河(②大阪桐蔭) 敗: #松岡由機(③駒場東邦)
本塁打:東大 #中井徹哉(④土浦一)1号(1回)、#阿久津怜生(④宇都宮)1号(9回) 明大 #上田希由翔(③愛産大三河)1号(1回)

昨日は引き分けに終わった一戦。

東大は初回、先頭の中井徹哉(④土浦一)がリーグ戦初ホームランを放ち1点を先制する。

しかしその裏、明大は1死3塁から宗山塁(②広陵)がタイムリーヒットを放ち同点に追いつくと、続く上田希由翔(③愛産大三河)がライトポール際へ2ランホームランを放ち1対3と明大が勝ち越しに成功する。

その後2回に明大が2点を追加し1対5となるも4回、東大も藤田の内野ゴロの間に1点を返し2対5となる。
その裏、明大 飯森太慈(②佼成学園)が2点タイムリーヒットを放つと、山田陸人(④桐光学園)にもタイムリーが飛び出し2対8と明大が点差を広げる。

大量ビハインドとなった東大だが5回に阿久津怜生(④宇都宮)のタイムリーなどで2点を返すと、6回には林遼平(④甲陽学院)のタイムリー2ベースなどで更に2点を返し6対8と2点差に詰め寄る。

その後試合は均衡状態となるも8回、明大 山田陸人(④桐光学園)が2死満塁から走者一掃のタイムリー2ベースを放ち6対11と再び点差を広げる。東大は9回、阿久津怜生(④宇都宮)がソロホームランを放つも反撃はここまで。

両校合わせて20安打、11盗塁の乱打戦となった一戦は明大が制し、明日の勝ち点奪取に期待がかかる。