8月7日に開幕する男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は4日、世界ランク50位のA・マレー(イギリス)がワイルドカード(主催者推薦)で出場することを公式サイトで発表した。
>>大坂 なおみvsガウフ 1ポイント速報<<
>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<
元世界1位のマレーは今季、1月のシドニー・テニス・クラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と6月のボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)で準優勝。シーズンのスタートは134位だった世界ランクも現在では50位まで浮上している。
ナショナル・バンク・オープンでは過去に3度(2009年・2010年・2015年)優勝。最後に出場したのは優勝した2015年大会となっており、当時の決勝戦ではN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 4-6, 6-3のフルセットで下している。今大会はそれ以来7年ぶりの出場となる。
マレーの他にワイルドカードで出場するのは世界ランク60位のD・ゴファン(ベルギー)、同141位のV・ポスピシル(カナダ)、同238位のA・ガラルノー(カナダ)となっている。