サッカー男子決勝は

帝京(東京)と前橋育英(群馬)の対戦。

序盤、前橋育英がテンポのいいボール回しで試合が進むが、帝京がコンパクトな守備陣形から徐々に前橋育英ゴールに迫る場面が増える。

前半はどちらもチャンスを作りながら、無得点で試合を折り返す。

後半は、前橋育英の裏への抜け出しから帝京ゴールへ迫る時間が増え、

後半アディショナルタイム、前線でパスを受けた高足(前橋育英)がドリブルで抜け出し、得点。これが決勝点となり、

前橋育英が13年ぶり2度目の優勝を飾った。