今季一番の暑さの中で行われた法大2回戦は、昨日同様接戦に持ち込んだものの打線が振るわず、投手陣も勝負強い法大打線の前に屈し惜敗となった。

東大は1回裏、二死後3番山田(4年/桐朋)がライト線を破る二塁打で出塁すると、4番楠田(4年/桐朋)のサード前への当たりを三塁手がファンブル、チャンスを広げたかと思ったが、山田が三塁から飛び出しタッチアウトで好機を逸する。慶大2回戦以来の先発を任された小林(2年/横浜翠嵐)は粘りの投球を見せ、2回表二死二塁からライト前ヒットを浴びるも、ライト杉本(3年/金沢泉丘)の好返球でタッチアウト、4回表も無死から二塁打を浴びるなど二死一三塁のピンチを作るも無失点で切り抜ける。しかし5回表、先頭に死球を与えると、犠打、安打、盗塁で一死二三塁とされ、法大・2番森にセンター前へ2点適時打を浴び先制を許す<法2-0東>。続く打者に安打を浴びたところで2番手宮台(4年/湘南)にスイッチ、後続を一球で仕留め追加点は許さない。反撃したい打線は6回表、一死から1番宇佐美(3年/桐朋)が内野安打で出塁。犠打と四球で一二塁とチャンスを広げるも4番楠田が三振で得点ならず。宮台は8回まで無安打まで抑えるものの、打線も法大先発菅野を打ち崩せず援護ができない。9回表、一死後センター前への飛球に飛び込むも弾いて不運な二塁打で出塁を許すと四球とワイルドピッチで悪い流れで二三塁のピンチを迎える。ここで法大・2番森に再び2点適時打を浴び痛い追加点を許す<法4-0東>。続くピンチは3番手柴田(4年/洛星)が切り抜けるも、9回裏も三人で仕留められ試合終了。

今季3回目の完封負け、5季ぶりにリーグ戦未勝利に終わった。しかし、秋の「下剋上」へ、糧となる経験をしたと言えるだろう。