1週空いて挑んだ法大1回戦は、幸先良く先制し、濵﨑(2年/鶴丸)、宮台(4年/湘南)が粘りの投球で大量失点を阻止、9回に1点差で満塁という場面まで相手を追い詰めたが、あと一本が出ず惜敗に終わった。東大は2回表、一死から5番楠田(4年/桐朋)がライトへのポテンヒットでチーム初安打を記録すると、リーグ戦初スタメンの6番岩田(3年/国立)が初球で犠打を決めて二死二塁。先制のチャンスを作ると、7番森田(4年/学芸大附)がレフト前へ弾き返し楠田が生還。最初のチャンスで幸先よく先制に成功する<東1-0法>。

前カードの立大戦から三戦連続で先発を任された濵﨑は初回、2回をそれぞれ3人で抑える上々の立ち上がりを見せる。しかし3回裏、先頭に死球を与えると、続く打者に初安打となる二塁打を浴び無死二三塁とピンチを迎える。続く打者が弾き返した痛烈な打球に濵﨑が反応して一死を取るも、そこから連続四死球で押し出しを許し同点に追いつかれる<東1-1法>。さらに一死満塁でクリーンナップを迎えたものの、何とか踏ん張り逆転は許さない。4回表東大は、二死から楠田の内野安打、盗塁で二死二塁とチャンスを作るも無得点。一方濵﨑はその裏に一死から三塁打を浴びたもののここも踏ん張り勝ち越しを許さない。5回表、東大は二死から9番濵﨑の代打廣納(2年/茨木)がセンターへのクリーンヒットで出塁するも、代走浅木(2年/学芸大附)が盗塁失敗で無得点。5回裏には2番手山下大(2年/豊田西)にマウンドが託されるも、先頭に安打、さらに四球と自らのエラーでいきなり無死満塁とすると、法大・4番中山にライトへの適時打を浴び勝ち越しを許す<東1-2法>。なおも無死満塁から三遊間への難しい当たりをショート山田(4年/桐朋)が好処理、二塁を封殺にするもその間に1点を追加される<東1-3法>。なおも一死一三塁とピンチが続く場面で、前カードの立大戦で登板のなかった宮台が3番手で登板、見事に後続を抑え追加点を許さない。しかし、続く6回裏には一死から制球難で三連続四死球で満塁とピンチを招く。ブルペンが慌ただしくなったが、ここから宮台が息を吹き返し、3、4番を凡退に仕留め何とか無失点で切り抜ける。直後の7回表、東大は1死から5番楠田がライト前へのクリーンヒットで猛打賞とし、二死後に7番森田が一二塁間を破る安打で一二塁とチャンスを作るも、後続が倒れ無得点。一方で宮台は7、8回と走者は出すものの、安定感を取り戻した投球で無失点に抑える。この流れをものにしたい東大は最終回、先頭の3番山田が死球で出塁し、法大のクローザー・熊谷にプレッシャーをかけると、一死後5番楠田も四球でつなぎ、6番岩田がしぶとく三遊間を破り一死満塁と攻め立てる。すると7番森田の打席で熊谷のワイルドピッチで1点差に<東2-3法>。森田も四球を選んで一死満塁と同点、逆転のチャンスを広げる。ここで代打の竹中(3年/修道)が初球にスクイズを試みるもファールで決まらず、結局内野ゴロ本塁封殺で二死満塁。9番宮台に託されるも空振り三振に倒れ試合終了。

あと一歩まで相手を追い詰めただけに悔しい惜敗となった。接戦に持ち込めたことを収穫として、明日の2回戦で雪辱を果たしたい。