巨人の中田翔内野手(33)がプロ15年目にして初の代打本塁打をマークした。

【関連記事】日ハム・清宮 いよいよ「デッドライン」か 指揮官をあきれさせた「根本的な問題」とは

 23日のDeNA戦(東京ドーム)、7点を追う6回。坂本の適時二塁打などで2点を返し、なおも二死二塁の好機。この場面で代打で登場した中田は2番手・クリスキーの高め直球を力感を感じさせないスイングで逆方向へ運び、6号2ランを放った。

 打球の行方をしっかりと見届けて、ダイヤモンドを一周。一発が出たものの厳しい表情を崩さず、笑顔を見せることはなかった。5月14日の中日戦(東京ドーム)で逆転満塁本塁打を放った際には喜びを爆発させていた中田。この間に起きた「変化」が表情にも現れていた。

 今季はここまで、すでに2度の登録抹消を繰り返している。リーグ戦再開と共に再昇格となるも、置かれた立場は厳しさを増している。

 

 「最近、一塁で先発しているのは若手で売り出し中の増田陸。代わって出るのもベテランの中島が多いとあって、中田の立場は苦しいです。この日は一発が出ましたが、試合に出て調子を上げていくタイプの選手。代打稼業でどれだけ結果を残せるかが注目されています」(放送関係者)

 

 この日の一塁スタメンは中島。右の代打として存在感を発揮しているベテランを原監督も信頼しているという。

 一方、この日は長嶋茂雄終身名誉監督(86)がネット裏で試合を観戦。中田が2軍調整中だった期間に長嶋氏から直接打撃指導を受けていただけに、恩返しの一発にもなった。

 「打ったのはストレートです。コンパクトに芯でしっかりと捉える事ができました。ホームランになって良かったです」と中田はコメント。終身名誉監督も「愛弟子」の一発に「力感がないスイングでナイスバッティングでしたね」とたたえた。

 豪快な一発が持ち味の中田には熱烈な「応援団」がついているのも事実。この苦境を乗り越えられるか。首位ヤクルトを追うためにも引き続き奮起したいところだ。

 

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

 

【関連記事】新庄ハム 「職場放棄」行動で波紋 ささやかれる「負の連鎖」とは
【関連記事】「ちょっと残念。キャッチャーの考えが読みきれない」日本一の投手コーチ、佐藤義則氏が語る阪神バッテリーの「課題」とは
【関連記事】原巨人「8回の男」ピンチで浮上する「あのルーキー右腕」とは