東京大学 3-2 法政大学
勝:長谷川 敗:山下
本塁打:無し

投手戦を制した法政が3対2で先勝。大逆転優勝へ望みを繋いだ。

法政は同点で迎えた5回、1番・相馬(健大高崎)のヒットなどで満塁とすると、4番・中山(履正社)の右前適時打、5番・福田(大阪桐蔭)の内野ゴロの間に2点を奪い、逆転に成功する。

投げては、先発・長谷川(聖望学園)が7回1失点の好投。2番手・熊谷(平塚学園)が9回、1点差に詰め寄られるも、最後は東大・宮台(湘南)を空振り三振に仕留め、逃げ切った。

敗れた東大は序盤に先制したが、その後法政の先発・長谷川から得点できず。9回、2番手・熊谷から一打逆転の好機を作るも、あと一本が出なかった。