明治大学 3-0 立教大学
勝:森下暢 敗:田中誠
本塁打:無し

明治が2投手による完封リレーで先勝し、優勝へ望みを繋いだ。

明治は初回、先頭打者の竹村(浦和学院)が安打で出塁すると、4番・越智(丹原)の適時打で先制。5回には氷見(豊川)の犠飛で2対0とする。

投げては先発・森下(大分商)が制球に苦しみながらも、6回被安打0の好投。7回からはエース・斎藤(桐蔭学園)が登板する盤石のリレーで、9回2死まで立教打線を無安打に抑えた。

敗れた立教は、四死球を絡め何度も好機を作ったが、打線が沈黙。9回、代打・大東(長良)の安打をきっかけに得点圏に走者を進めるも、あと一本が出なかった。