東京オリンピック2020空手女子形(かた)。日本中の期待を一身に背負った清水希容選手が銀メダルを獲得した。
現在も一線級で活躍し、さらなる飛躍を目指すべく『森永製菓inトレーニングラボ』で鍛錬を積んでいる。
美しく、切れ味鋭く人々を魅了する清水選手はどのようなトレーニングを重ねているのか。
「世界で勝てるようにサポートすること」へのこだわりについて、清水選手と淺井利彰さん(パフォーマンススペシャリスト)から話を聞いた。


−清水希容(しみず・きよう)。1993年12月7日生まれ、大阪府出身の空手家。兄の影響で空手を始めると、高校3年生の時に全国高等学校総合体育大会で優勝。
さらに史上最年少の20歳で全日本選手権を制すると、そこから5連覇。世界選手権でも2連覇と日本を代表する空手家に成長を遂げた大和撫子。東京五輪では空手女子形で銀メダルを獲得。

−淺井利彰(あさい・としあき)。関西鍼灸短期大学卒業、関西医療学園専門学校卒業。パフォーマンススペシャリスト。

−森永製菓inトレーニングラボ
inブランドが契約するトップレベルのアスリートを最先端のトレーニングや栄養指導などを通じてサポートする施設。
〒135-0091 東京都港区台場2-3-2 台場フロンティアビル1階
URL:https://www.morinaga.co.jp/in/support/labo/