プロボクサーの井上尚弥が5月17日、インスタグラムを更新。5度目の防衛戦を控え、練習を打ち上げたことを報告している。

WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥は5月21日、東京・有明コロシアムで同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)と対戦する。

ボディに左フックを入れる練習中の写真を投稿する井上。「後は計量&試合に向けて最終調整。」と順調な仕上がりに向かっているようだ。

ファンからは、「絶対勝ってや!」「本音はKOして欲しいけど、冷静にスピードを活かしたボクシングで勝ちにこだわって下さい!」「現地行けませんがテレビの前でめっちゃ応援します!」「ベスト尽くしてくださいね!」「最高のコンディションで試合に臨んで無双状態で暴れ回る姿が見たいです!」「減量辛いんだろうな…」「期待してるぜ!井上尚弥!」などの激励のコメントが多く寄せられていた。

その他にも、「筋肉迫力あるー!」「筋肉素敵です!」など井上の鍛え上げられた肉体を称賛する声も挙がっている。井上は今年4月、弟で前東洋太平洋同級王者の井上拓真らと静岡・熱海で体幹トレーニングを中心とした合宿を行っていた。

また、井上の世界戦と同日、IBF世界ライトフライ級王者の八重樫東は、同級暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)と3度目の防衛戦に臨み、ダブル世界戦となる。

八重樫もインスタグラムで練習打ち上げを報告しており、「残り数日、コンディションくずさぬように注意を払いつつ楽しんで過ごせるようにつとめよう。。 とりあえず一段落」とコメントしている。

井上尚弥、河野公平にTKO勝利(2016年12月30日)(c) getty images

井上尚弥、河野公平にTKO勝利(2016年12月30日)(c) getty images

八重樫東 参考画像(c)Getty Images

八重樫東 参考画像(c)Getty Images