5月21日、東京六大学野球春季リーグの第7週1日目が行われ、第2試合では法大が9対0で東大を下した。

法大の先発・篠木が6回3安打無失点で開幕週以来の白星を手にした

 ここまで勝ち点2(5勝5敗1分)の法大と勝ち点0(0勝8敗2分)の東大の対戦。空き週を経ての今春の最終カードに臨んだ法大は、初回から打線が繋がり、先頭の1番・宮﨑秀太(4年・天理)がヒットで出塁すると、3番・浦和博(3年・鳴門)、4番・今泉颯太(3年・中京大中京)も続いて1死満塁として、5番・野尻幸輝(4年・木更津総合)のタイムリー。東大の先発・井澤駿介(4年・札幌南)の立ち上がりを攻め、幸先良く2点を先制した。

 法大の先発・篠木健太郎(2年・木更津総合)は、初回から3イニング連続でヒットを許し、1回1死二塁、3回1死一、二塁と得点圏に走者を背負ったが、そのピンチを自慢のストレートで切り抜けると、4回以降は自慢の豪速球を主体に「うまく我慢しながら修正できた」と尻上がりに調子を上げた。

5回表、法大の4番・浦がセンター越えの今季2号ソロを放った

 法大打線は5回表に浦が「(打った瞬間)行ったと思いました。良かったです」と振り返った自身の今季2号本塁打などで2点を加えると、続く6回表には4安打で5点を追加。その後も得点を重ね、最終的に計18安打で9得点。3番に入った浦が3安打1打点で4番・今泉も3安打をマーク。そして5番の野尻が3安打4打点の活躍を披露。先発の篠木は6回を3安打無失点で、4月9日の開幕週・早大戦以来となる自身2勝目を挙げた。

 敗れた東大は、先発の井澤が4回まで丁寧なピッチングで2失点に抑えていたが、5回に被弾して4失点で降板。打線も序盤のチャンスを逃すと、最終的に5安打で無得点に終わった。

最終学年となった東大の井澤。昨秋以来のリーグ戦2勝目は遠かった

■法政大vs東京大1回戦
法大 200 025 000=9
東大 000 000 000=0
【法】○篠木、吉鶴、塙、石田-村上、是澤
【東】●井澤、西山、綱嶋、齊藤-松岡泰
本塁打:法大・浦(5回ソロ)

◎法政大・加藤重雄監督
「よく打ってくれた。とにかく1回の表に2点取ってくれたので好循環になった。(篠木は)3回まで1本ずつヒットを打たれたが、ストレートは走っていた。バラついていたが、それが持ち味。やっと2勝目ですが、良かったです」

◎法政大・篠木健太郎(2年・木更津総合)
「ランナーを出しながらも粘ってという序盤で、うまく我慢しながら修正できたかなと思います。1戦目に投げさせてもらっているので結果を出さないといけない。春の反省を秋に生かしていきたい。まだまだ伸びないといけないですし、秋に向けてもう1回、見直していきたい」

◎東京大・井手峻監督
「初回、飛んだ打球の方向がアンラッキーで2点取られた。次の1点をどっちが取るかというところでしたけど、決めたと思ったスチールを相手キャッチャーに防がれたのが痛かった。次にこっちが点を取れれば接戦に持ち込めると思っていた。(井澤は)コントロールがよく、まとまっていたと思う。後ろのピッチャーもハツラツと放っていたので良かった」

◎東京大・井澤駿介(4年・札幌南)
「いつもよりまとまっていた。四球は少なかったんですけど、勝負どころで甘く入ってしまった。ホームランを打たれたボールも自分の投げミス。まとまっていた分、もったいなかった。(今春を通じて)初回にランナーを出して点を取られて、ビハインドの展開で試合が続いていくことが多かった。そこが自分の課題です」